後三年の役

トップ後三年合戦 > 後三年合戦にまつわる伝説

後三年合戦にまつわる伝説

雁行の乱れ

雁行の乱れ

 源義家が金沢柵に進軍中、立馬郊付近にさしかかると、一行の雁がにわかに列を乱して飛び散りました。馬を立ててじっと見ていた義家は、かつて習った兵法を思い出し、「伏兵があるにちがいない」と附近を捜させたところ、三十数騎の伏兵を発見し、これを全滅させることができたといわれます。

 

片目かじか伝説

片目かじか伝説

 わずか16歳で初陣し、多くの手柄を立てた鎌倉権五郎景正は、敵に右目を射られてしまいますが、その敵を射殺します。同僚の為次がその矢を抜いてやろうと額に足をかけたところ、景正は刀を抜いて「生きながら面を踏まれるのは耐えられない」と為次を下から突こうとします。為次は無礼を詫びて、改めて膝を屈してその矢を抜いてやり、景正は厨川の清水で傷を洗いました。その後、厨川から右目の見えない片目のかじかが出るようになり、景正の武勇に感じた珍魚として有名になります。

 

納豆伝説

納豆伝説

 後三年合戦のとき、源義家が農民に煮大豆を差し出させたところ、農民たちは急ぎのために入れ物が間に合わず、俵に詰めて差し出しました。これが数日立つと、香りを放って糸を引くので、食べてみると意外においしかったため食用とし、農民たちもやがてこれを知って、自らも作って後世に伝えたといいます。

 

 

横手の観光はこちら

横手旅 美しきこころの故郷 横手市 ちょびっと、よこて。

横手やきそばはこちら

横手やきそば暖簾会 観光協会オフィシャルショップ 横手かまくらエフエム FOOD Pro あきた! 清原紅蓮隊 (社)横手市観光協会 新規会員募集! 横手のまつりを一緒に盛り上げてみませんか? 横手市観光協会会員HP&リンク集 横手まちナビ 横手まちナビ 増田町観光協会 横手商工会議所 恋人の聖地

宿泊・観光・資料請求のお問い合わせ
一般社団法人 横手市観光協会
(ふれあいセンターかまくら館内)
〒013-0023秋田県横手市中央町8番12号
TEL:0182-33-7111
FAX:0182-33-7113