後三年合戦

トップ後三年合戦後三年合戦を詳しく知ろう! > 登場人物の紹介

 

清原光頼(きよはら みつより)
~最高級の姓(かばね)をもつ俘囚主(ふしゅうしゅ)~

 前九年の役の雄、清原武則の兄で、横手市大鳥井に本拠地をもつ豪族。
 安倍氏に苦戦を強いられた源頼義(みなもとのよりよし)は安倍氏を討つ現地勢力を味方につけようと「出羽山北(でわさんぼく)の俘囚主(ふしゅうしゅしゅ)清原真人(まひと)光頼・舎弟 武則(たけのり)」(真人とは八色の姓のひとつで皇室に近い氏に与えられる姓)に白羽の矢を立てました。
 しかし、近隣の豪族として安倍氏と交わりがあった清原氏は数年にわたる頼義の贈り物攻勢にもかかわらず、執拗な協力要請を拒否し続けました。
 しかし、「協力に応じてくれれば輩下に下る」という懇願に負けてついに挙兵。弟の武則が総大将として参戦することになりました。

清原武則(きよはら たけのり)
~出羽の一豪族から鎮守府将軍へ~

 清原光頼の弟で、源頼義の度重なる要請を受けて前九年の役に参戦。源氏の兵3千に対して清原軍1万を率い、源氏の敗色が濃厚だった戦いを一気に逆転させました。勇猛果敢で知られる武則は、大胆な人海戦術と奇襲作戦で安倍氏の城砦を次々に陥れ、難攻不落といわれた厨川柵(くりやがわのさく)(盛岡市)でも必至の抵抗を試みる安倍軍を攻め滅ぼし、長年にわたる戦いを終結に導きました。
 勝ち戦の功労者である武則は源頼義・義家父子を上回る論功行賞(ろんこうこうしょう)として朝廷から鎮守府将軍に任ぜられました。

清原武貞(きよはら たけさだ)
~陸奥全土を支配下へ~

 清原武則の嫡男で、前九年の役では第一陣を率いました。
 前九年の役の後、安倍軍の知将、藤原経清(つねきよ)の妻を後妻として引き取りました。
 これを契機に安倍氏の旧領である奥六郡(胆沢・江刺・和賀・稗貫・紫波・岩手)を自分の所領とし、陸奥全土を掌握するに至りました。

清原真衡(きよはら さねひら)
~強引な独裁主義で内紛を招く~

 清原武貞の嫡男。一族の内紛は、一族の長老である吉彦秀武(きみこひでたけ)を、囲碁に夢中になっていた真衡がないがしろにしたことから起こりました。日頃から真衡の専制的なやり方に不満を抱いていた秀武は激怒。その態度が「反抗的だ」として真衡が挙兵して後三年の役が勃発しました。
 秀武が真衡の弟・清衡、家衡をけしかけて真衡を襲わせようとしたのに対し、真衡は新任の陸奥守、源義家を味方につけて対抗しましたが、真衡の急死で戦いは一旦収まりました。
 真衡の死については、病死と伝えられていますが、実は前九年の役以来、清原一族に怨みを抱く源義家が謀殺したのではないかとの説もあります。

清原家衡(きよはら いえひら)
~清原一族最後の正嫡(せいちゃく)~

 清原武貞とその後妻の間に生まれました。真衡の死後、国司として奥六郡を召し上げた源義家は、六郡の内、肥沃な南の三郡を清衡に、北の三郡を家衡に与えるなどして家衡を冷遇しました。清原氏の正統を自認する家衡は、これを不服として清衡殺害を企てたものの失敗。清衡が義家と組んだことを知った家衡は自分の根拠地である沼柵(ぬまのさく)(雄物川町沼館)に戻って義家・清衡連合軍を迎え撃ち、これを撃退しました。
 さらに、叔父の清原武衡の進言で天然の要害である金沢柵に移ってからも、数万の大軍に包囲攻撃されながら善戦しましたが、最後には兵糧攻めにあい、ついに落城。家衡、武衡ともども敵の手に落ち、ここに清原氏の正統は絶えました。

清原家衡(きよはら いえひら)

吉彦秀武(きみこ ひでたけ)
~長老の軍略で一族滅亡へ~

 清原武則の女婿(むすめむこ)で、前九年の役でも活躍した一族の長老。
 もともと同族の連合体として宗家・分家に上下の別なくやってきた清原氏でしたが、真衡の代になると様変わりしたことが秀武には面白くなかった。真衡の非礼な態度に日頃の不満が爆発。清衡、家衡を味方につけて真衡を葬ろうとしましたが、真衡が死んで家衡VS清衡・源義家の戦いになると義家を通じ、金沢柵攻防戦ではこの時代にあっては画期的ともいえる兵糧攻めを提言しました。
 さらに、この効果を早めるため、食糧が乏しくなって柵の外に出てきた女子供を皆殺しにすることも進言したといわれています。結局、彼の軍略が功を奏し、一族の長老ながらも清原氏の滅亡に手を貸すことになりました。

藤原清衡(ふじわら きよひら)
~強運と才覚で平泉に栄華の礎を築く~

 父は安倍軍の参謀長ともいうべき藤原経清(つねきよ)。前九年の役の敗戦で父が刑死した後、母とともに仇敵の清原氏に引き取られ、屈辱と忍耐の少年時代を送りました。
 後三年の役では、一旦血のつながりのない兄・真衡を異父弟の家衡とともに討とうとしましたが、真衡が急死すると家衡との争いに至り、妻子を殺されました。
 この後、源義家と手を組み、金沢柵で家衡を討って清原一族を滅ぼしました。結果として、清原氏・安倍氏の遺領を引き継ぐことになった清衡は、姓も清原から亡き父の藤原に変え、平泉に藤原四代にわたる栄華と平和の礎を築くことになります。

藤原清衡(ふじわら きよひら)

源義家(みなもとのよしいえ)
~父子二代にわたる奥州への野望~

 源頼義の嫡男。八幡太郎(はちまんたろう)の名で、当時「天下第一武勇之士」と謳われた人物ですが、父子二代にわたる奥州への野望がこの地を戦乱の渦に巻き込む結果となったことは否定できません。父・頼義とともに戦った前九年の役から20数年後、積年の清原氏への怨みもあって一族の内紛に介入し、これを金沢柵で滅亡させました。
 しかし、この戦いを「私戦である」とみなした朝廷からは何の恩賞も与えられなかったばかりか陸奥守(むつのかみ)の任まで解かれてしまいます。義家はやむなく合戦に動員した東国の武将たちに私財を投げ打って論功行賞(ろんこうこうしょう)を行い落胆のうちに帰京しましたが、このことでむしろ源氏の権威は高まり、四代後の頼朝の時代になって平氏打倒に役立つことになったと伝えられています。

源義家(みなもとのよしいえ)

横手の観光はこちら

横手旅 美しきこころの故郷 横手市 ちょびっと、よこて。

横手やきそばはこちら

横手やきそば暖簾会 観光協会オフィシャルショップ 横手かまくらエフエム FOOD Pro あきた! 清原紅蓮隊 (社)横手市観光協会 新規会員募集! 横手のまつりを一緒に盛り上げてみませんか? 横手市観光協会会員HP&リンク集 横手まちナビ 横手まちナビ 増田町観光協会 横手商工会議所 恋人の聖地

宿泊・観光・資料請求のお問い合わせ
一般社団法人 横手市観光協会
(ふれあいセンターかまくら館内)
〒013-0023秋田県横手市中央町8番12号
TEL:0182-33-7111
FAX:0182-33-7113